4Dミートについて

ペットフードには4Dミートというものがあります。特にドッグフードに多く使われているとも言われている4Dミートですが、これは好ましくない動物の肉のことを示してします。DEAD(死亡した動物の肉)、DISEASED(病気だった動物の肉)、DYING(死にかけだった動物の肉)、DISABLED(障害のあった動物の肉)というこの頭文字がすべてDということから4Dミートと言われています。

一般的にはこれらの動物の肉は絶対に使われてはならない肉です。しかしドッグフードにはこれらが配合されていることもあるのです。廃棄処分とされるものを使うわけですから、とても危険な肉ということが言えるのです。当然人間の食べる肉にこのようなことがあったら大変なことになりますが、そこはペットフードの甘いところです。このような肉が配合されている安いドッグフードも現実にたくさん出回っています。

このような配合のあるものを避けるためには、まず激安のドッグフードは購入しないことです。そしてもう一つ、成分の表示のところで、「肉類」や「何とかミート」というようにはっきり何々の肉と表示されていない場合は注意しましょう。逆に安全なものは「ラム肉」「牛肉」「鶏肉」「豚肉」などと、はっきり普通の肉として表されている場合は一応安心と考えられます。